初めてのワーホリ。オーストラリアで大変だった事。

私がワーホリに行ったのは10年以上前で
高校卒業してすぐに飛び立ちました。


とにかく世間知らずな上に、常識も知らない状態で一人海外に行って
相当恥もかいたし大変な思いもしましたが
今となっては全ていい思い出で最高の経験でした。


今日はそんな私の初めての海外、ワーホリ生活で大変だった事を紹介します。

オーストラリアにいてオーストラリア人の友達が出来ない

これはワーホリ期間中、悩んだことの一つです。
最初に行った語学学校で、同じように英語を学んでる留学生の友達は
すぐに出来るのですが
オーストラリア人の友達と言うのはなかなか出来ませんでした。
バイト先の日本食レストランにもオーストラリア人はいなく
その後もずっと日本人や、留学生ばかりと友達になって
オーストラリアにいながらオーストラリア人と出会う事は
こんなにも難しいのか、と思いました。


今思うと、当時の私に足りなかったのは、英語を絶対に学ぶというガッツで
もしその思いが強ければ、積極的に日本食以外の仕事に応募したり
オーストラリア人しかいない世界に飛び込んでたと思います。


私はとりあえずは楽な道を選び、楽しければいいや。と思ってたので
この辺の気合は入っていませんでした。笑


ワーホリに来てる日本人にもたくさん会いましたが
絶対に日本人とはつるまない!と決意が固い人もたくさんいたので
ここは何を優先するかだと思います。

何気に人種差別が結構ある

オーストラリアにはすでにたくさんの移民がいるのに
差別はまだまだありました。
実際に私があった差別は、道を歩いる時に車から
『Fu*king jap !!!!!』(クソ日本人!!)
と叫ばれた事です。
これはファームで働いていて、オーストラリアの田舎にいた時で
田舎にはそう言った差別をする人が特に多いそうです。
他は女友達の話ですが、I❤️AUS と書かれた服を着てたら
オーストラリア人じゃないくせに着るな!!と脱がされたそうです。
怖いですよね、、、( ;∀;)
アジア人に嫌悪感を抱いてるオーストラリア人は一定数いますが
優しい人もいっぱいいるので気にしないのが1番です(。・_・`。)

無条件で太る

私が思うオーストラリアで太る理由は
ビールと肉と巨大なチョコと2ℓのジュースがめちゃくちゃ安い!
基本的に何でも大きいサイズの方がより安くなるので
どうしてもそっちを買ってしまうんですよね。
板チョコは分厚く大きく甘く、日本に帰ってきて改めてガーナチョコみた時は
これはチロルチョコかな?っと思いました。
ただダイエットは帰国後でも出来るので
オーストラリアにいる時はその生活を思う存分楽しんで下さい♪( ´▽`)

オーストラリア人の話す英語が理解出来ない

留学生同士で英語を話してると下手な英語でも
なぜかズムーズに意思疎通が出来るという現象がありますが
それで自分が英語喋れると思っていざオーストラリア人と話すと
全然喋れないという事がよくあります。
留学生同士で英語が喋れても、勘違いしない方がいいです。
私は勘違いしてて、その後でオーストラリア人ばかりの職場でバイトをして
痛い目に遭いましたので(°▽°)
英語は、ネイティブと話して初めてちゃんと上達すると思います。
オーストラリア人と自然に出会う事はなかなか難しいですが
趣味のクラス、例えばヨガやスポーツに積極的に参加して
友達を作るのも手だと思います。
日本語を学びたいオーストラリア人との語学交換の集まりもありますが
そこに来る人には変態も多いので注意してください。


とりあえずの海外経験のため、英語を学ぶため、なんとなく、、、
などなどワーホリに行く理由は人それぞれかと思いますが
くれぐれも薬物には気をつけて、楽しい生活にして下さい^^

タイトルとURLをコピーしました