最高に充実!!台湾のワーホリ★

私が台湾に行ったのは2011年の4月です。
日本ではその年の3月に震災があり、とても大変な時期に
私は何故かワーホリに行きました。


台湾にもともと興味があったわけでも行きたいと思ったわけでもなく

ただまた海外にワーホリに行きたい。
本当はヨーロッパに行ってみたいけど、そこまで貯金がない


という理由から、近くで物価も安めな台湾に行く事にしました。
台湾には申し訳ないくらい、何も期待せず、まーまたどこでも海外に住めるなら


っという気持ちでした。


ビザの申請は1日で、すぐに終わった記憶があります。
ワーホリ2回目という事で気持ちに余裕があり
準備もリサーチもほぼせず、ものすごく適当な感じで台湾に行きました。

台湾の第一印象は

臭いし汚い です。(笑)
そしてものすごい数のバイクが走っていてゴチャゴチャしてるなと。
ベトナムやタイも同じようにバイクが多く汚めなんですが
自分にとって台湾が人生2か国目だったので
色々カルチャーショックでした。

到着後、最初の2週間は・・・

到着してから2週間ほどは台北のゲストハウスに滞在して
台北市内をブラブラ観光したり、台湾のご飯を食べたりして過ごしました。
正直何しに台湾に来たか自分でも分かっていなかったので
仕事を探すわけでもなく、適当に過ごしていました。
また中国語が一切分からなかったので、言葉が通じない事もたくさんあり
かなりイライラしたのを覚えています。
正直この2週間では台湾はあまり好きになれず
帰国しようと思ったほどです。。。

綺麗な空気と海を求めて一気に南下!

都会でごみごみした台北が嫌になって
どこが人が少なく自然があるとこへの移動を決意します。
とりあえず海の近くがよかったので
台湾・ビーチ
と検索したら、「墾丁 (ケンティン・Kenting)」
という台湾のビーチリゾートがヒットしました。

ここしかない!

と直感で感じたので
次の日、台湾の新幹線とバスを乗り継いですぐにケンティンに向かいました。

台湾のビーチリゾート、墾丁は最高に楽しい(*’▽’)

ケンティンについて、この移動は大正解だと確信しました。
海が綺麗で、オープンなレストランやカフェもたくさんあり
テンションが一気にあがります。
南湾というエリアのゲストハウスに滞在したのですが
サーフィンのレッスンやライブミュージックのイベントがあったり
雰囲気もスタッフも最高でした。
海も目の前で、いつでも泳ぎに行く事ができ
バナナボートなどのアクティビティもたくさんあります。
ケンティンのメインエリアには、毎晩お祭りのように露店が出てて
食べ物の他、ゲームなどもたくさんあります。
バーやクラブもたくさんあり、とにかく暇しません。

たまたま行ったレストランで仕事GET

それからしばらくはゲストハウスに滞在しながら、海と観光を楽しみました。
ケンティンで仕事が見つかれば嬉しいなーっと思いつつ
特に仕事探しはしていなかったのですが
たまたま入ったシーフードレストランのお姉さんが英語を話せたので
今ワーホリで来ていて仕事を探してる事を伝えたら
ボスに聞いてみる。と言ってくれて
そのすぐあとにオーナーの方と面接をしました。
オーナーも英語が出来て、チャレンジしてみよう!っと言って
結果仕事をもらう事が出来ました。
一言で言ってとにかくラッキーです。
中国語が全く出来ない私を雇ってくれて感謝でいっぱいです。

言葉が通じない( ;∀;)苦悩のバイト生活

次の日からさっそくレストランでウエイトレスとしての仕事が始まります。
いきなり日本人が仕事に加わってみんなびっくりでした。(笑)
英語もあまり通じないので、ここから私は死ぬ気で中国語を勉強しました。
まずメニューを全て暗記してオーダーを取れるようにして
それから「おさげします。」や「熱いので気を付けて下さい。」などの
中国語を教えてもらい、ガンガン話していきました。
私が失敗を恐れず積極的にいけたのは、台湾人の優しがあったからで
仕事仲間もみんな全力でサポートしてくれて
お客さんも、私の中国語が下手と分かると
ゆっくり話してくれたり、日本語で話しかけてくれました。
台湾人は本当に泣けるほど優しいです(´;ω;`)

中国語上達のカギは台湾を知って好きになる事

ケンティンに来て台湾人の友達がたくさん出来て台湾の事を知れば知るほど
台湾が大好きになっていました。

もっとみんなと仲良くなって、もっと台湾の事を知りたい。

台北で言葉が分からずイライラしてたのが嘘のように
中国語をもっと学びたいと思い勉強しました。

もしケンティンに来ていなくて
台湾人の友達も出来ていなかったら
こんなに台湾の事を好きになることはなかったと思います。
優しくしてくれた台湾人のみんなに本当に感謝です。LOVE♥

タイトルとURLをコピーしました