デメリットだらけ!!!日差しが入らない部屋。。。

今私は日差しが1ミリも入らない部屋に住んでいます。(1K20m2)

夏の太陽が高い時期?に、かろうじて西日が入る程度です。
引っ越す際、新居に求める条件は人それぞれ色々あると思いますが

日差しが苦手ではない限り、日当たりは絶対条件にいれる事おすすめします。
私の条件にも日当たりを入れてたのですが
マンションの更新が迫っていて、敷金・礼金・仲介手数料 無料に惹かれて
部屋の向きを気にせず決めた事を激しく後悔しています( ;∀;)

今回は私が日当たり最悪の部屋に住んでみた分かったデメリットを紹介します。
正直日当たりが悪い部屋のメリットは1つもありません。


外が快晴でも、朝から電気が必須


これは個人的に本当に辛いです。

外には清々しく青空が広がっているのに、部屋がこんなに暗いことある!?
っというくらい暗いです。
向いのマンションに日差しが入ってるのを見ると余計に切なくなります。
気持ちのいい朝を迎えるためには、日差しが重要と再認識です。

洗濯物が乾かない!!


当たり前ですよね。。。

前に住んでた部屋は日当たりバッチリで
今回初めて日当たりが悪い部屋に住んだのですが
ここまで乾きに差が出るとは思わなかったです。

夏は室外機の温風で乾いてる感じで
秋は快晴の日に1日外に干しても完璧には乾きませんでした。

部屋にいると気分が落ち込む


朝だけではなく、日中もずっと部屋は暗いです。
まるで、周りのみんなは幸せそうで、自分だけ不幸を描いた感じ(ToT)

そのせいで無駄に眠くなるし、エネルギーが湧きません。
コロナの影響もあり部屋にいる時間が増えましたが

これでは精神に悪影響なので

散歩などに行き、意識して日差しを浴びるようにしてます。

部屋の中が日差しで明るかったらどんなに良かったか(。・_・`。)

っと、ざっくりこんな感じで暗い部屋にはデメリットしかなく
とりあえず出来る事は、明るい音楽を流して気分をあげる事ぐらい。


こんな開放的な家に住んだら、落ち込む事も少なそうですよね。
いつか南国でこんな家に住むのが夢です。

タイトルとURLをコピーしました