英語が喋れるようになる魔法の飲み物。

それは「アルコール」です。笑

今私が英語で会話が出来るようになったのは
本当にお酒のおかげと言っても過言じゃないんです( ;∀;)
それくらい、初めて海外に行って誰かと仲良くなる時には助けられました。


私は初めての海外でオーストラリアにワーホリに行って
最初は語学学校に通って英語を学び始めました。


周りも英語が上手に喋れない留学生ばかりで
その中で少しずつ英語に慣れて行って
だんだん喋れるようになってると感じるのですが
実はそれは英語が下手な人どうしだから意思疎通が出来ていたんだと
後々わかります。


語学学校や農場での仕事を経て、次に私が仕事をゲット出来たのは
オーストラリアのスキー場にあるホテルでの住み込みの清掃の仕事でした。

勢いで乗り込んで運良く仕事をもらえ、すぐに共同生活が始まったのですが
そこにいたのは、オーストラリア人やイギリス人と言った
完全に英語が母国語の人たちで、ついでにみんなすごく大人っぽくて
私は一瞬で強張ってしまったのを覚えています。


これから、この人たちと同じ部屋での共同生活。。。
英語がまだ下手過ぎて乗り切れるのか不安で仕方ありませんでした。


次の日からさっそく仕事も始まり、部屋の掃除を習っていったのですが
指示をしてくれるのはオーストラリア人のボスで
今まで留学生同士の英語にしか触れていなかったので
いざ現地の人の英語を聞くと、全然理解が出来ませんでした。。。


そして周りとのコミュニケーションも緊張してなかなか上手く取る事が出来ず
もうてんやわんやです。精神的な疲労がやばかった💦


そんな時、仕事後にみんなが飲みに出かける準備をしていて
私にも「一緒に来る?」と声をかけてくれました。
正直部屋でゆっくりしてた方が気持ちは楽だったのですが
このチャンスを逃したら2度と誘ってもらえないかもしれないと思ったので
一緒に飲みにいく事にしました。


そして緊張をほぐすためにお酒を浴びるように飲んだところ
一気に楽しくなって陽気に喋る事ができ、ベロベロに酔っ払ってしまったのですが
その日からみんなと仲良くなる事が出来ました!


海外で英語を学んだ人なら経験ある方もいるかと思いますが
酔っ払った時は、相手が話す英語も理解できて
自分もいつもより上手く話せるようになるっという現象が起きます。笑


それからは毎週必ずみんなで飲みに行くようになって
その度にみんなで一緒に酔っ払って大騒ぎをして
冬のシーズンが終わる頃にはものすごく仲良くなりました。

毎回外に飲みに行く前に、まず部屋で飲んでたウォッカたち


特に5歳年上のオーストラリアの女の子とは1番仲良くなって
日本に来てくれたり、私も一昨年またオーストラリアに会いに行きました。


これだけみんなと仲良くなれたのは、間違いなくお酒のおかげです。
そしてこの期間で私の英語力もかなり伸びました。
やっとオーストラリア人が言ってる事も理解出来て
コミュニケーションも取れるようになったのです。


留学生同士では、英語に慣れるにはいいと思いますが
英語がネイティブな人とちゃんとコミュニケーションが取れるようにならないと
実際に上達はしないと思います。


最初は本当に心細く辛い事もたくさんあったのですが
この経験でめちゃくちゃ強くなったと思います。
本当にお酒のおかげで、自分を勢いづかす事が出来ました。


今は何かに飛び込むって事をしなくなったように思います(。・_・`。)
この頃みたいに、もっと攻めた生き方をまたしたいっと思う今日この頃。

タイトルとURLをコピーしました