MacBookとモニターの接続・設定を解説!!

私の使ってるPCはMacBookの12インチで画面は小さめです。
普段は調べ物したりYoutubeを見たりくらいしかしなかったので
それで問題なかったのですが、今回プログラミング学習を始めるにあたり
環境を整えてみようと思い、モニターを購入しました。
それがとても快適だったので紹介したいと思います。

まず今私が使ってるモニターの環境はこんな感じです。


大きい画面のモニターをメインにしてMacは閉じています。
この場合だと別でキーボードとマウスが必要になります。
Mac本体を使えば操作も出来るので
キーボードとマウスを買うべきかすごく悩みましたが
Amazonで安くなってた事もあり思い切って買ってみると
すごく便利で買って良かったと思いました。

買った商品はこちら。

モニターはこちら!


キーボードとマウスはレシーバー役のUSBでつなげるので
配線でごちゃごちゃすることもありません。
またPCとの接続もとても簡単です。
見た目もスッキリしててかなり気に入ってます( ´∀`)

モニターは、安くなってた、意外にこれを選んだ理由はありませんが
今のところ何も問題なく動いてるし、ブルーライトカットの設定があるので
目にも優しく出来てよかったと思います。
スピーカーは内蔵されていないのでご注意下さい。
ただ音はMac本体から出るので全く問題ないです。
(写真の様に本体を閉じてる状態でも音は出ます。)


画面を設定する際はMacの「設定」→「ディスプレイ」→「配置」で出来ます。


右の大きい四角がモニターで初期設定ではピンクで囲ったメニューバーが
左の四角のMac本体に配置されています。
これを右の四角にドラッグして移動するとモニターにメニューバーが移動して
こっちをメインとして使う事が出来ます。



Macを開くとこんな感じで、モニターの下部にメニューバーがあるのがわかります。
プログラミング学習をする際など、Macの画面で学習動画を見ながら
同時にモニター画面でコードを書いたり出来るので2画面もすごく便利です。

Macをメイン画面してモニターをサブ画面にする場合はこの通りです。


外付けのキーボードを使わない場合は、こっちの設定の方が便利かと思います。

また2画面を全く同じ映像にするには
設定画面左下にあるミラーリングのとこにチェックを入れたらOKです。
誰かにプレゼンしたりする際はこのミラーリングが便利になりそうですね。

こんな感じで場面に応じて画面の設定を色々変えれます。
メニューバーの位置も変えれると知らなかったので、今回発見して感動しました(°▽°)

ちなみにMacの接続部分はこんな感じになってます。


このハブに接続してるのは

  • モニターと接続してるHDMIケーブル
  • キーボードとマウスのレシーバーUSB
  • キーボード充電用のUSB
  • Mac本体充電のケーブル


だいたいこれらが揃ってるハブを買えば接続は問題ないかと思います。


ちなみに私はMac本体の裏に、角度をつけるためのスタンドシール?を付けてます。



これもまた安くて便利な商品でした。
私は本体にカバーを付けてその上からこのステッカーを貼ってます。
本体に直接貼る事をあまりしたくなかったので
同じ様に気にする方は、本体のカバーもあったらいいと思います。


普段ただ調べ物したりするにはノートPCだけで問題ないですが
プログラミングを学習する際は、モニターがあると本当に便利です。
今回使ってみてものすごく実感しています。
皆さんも是非お試しください( ^ω^ )


タイトルとURLをコピーしました